ITpro Special ITpro

XDev 2008

X-ovwe Review クロスオーバーレビュー

アンテナハウス

幅広い印刷用途に対応するCSS3を先行実装した製品

CSS*1はWebデザインでは普及しているが,高品質な印刷やPDF出力などページ媒体用のレイアウトにも使えることは知られていない。AH Formatter V5 は,W3Cで策定作業中のCSS3*2を先行実装することで,段組,縦書き,様々な言語に対応し,プロの印刷品質でXML/HTML 文書のページ組版を可能にする。
*1:Cascading Style Sheets *2:CSS Level 3
村上 真雄氏
アンテナハウス株式会社
XML 製品開発担当 取締役

村上 真雄氏

アンテナハウスは,XML専用のページ組版言語であるXSL-FO仕様を実装した「XSL Formatter」でグローバルな評価を獲得してきた。ただ,XSL-FOは高機能であるだけに,その使い方を習熟するのはCSSほど簡単ではない。

そこで,XSL Formatter V4をメジャーバージョンアップした「Antenna House Formatter V5.0」(AH Formatter V5) では,XSL-FOとCSSの両方のスタイルシート言語に対応する。AH FormatterV5は現在プレビュー版で,アンテナハウスの Webサイトからダウンロードできる。

AH Formatter V5では,W3Cで仕様策定中の,高度なページ組版機能を含むCSS3を先行実装している。アンテナハウスの村上真雄氏は「Web用に作成した技術文書やマニュアル類を紙媒体用にCSSでレイアウトして印刷したり,書籍や雑誌向けのPDF入稿データを作成したりできるほか,各種の帳票印刷,業務アプリケーションへの組み込み,サーバーサイドの組版など,アイデア次第で様々な用途に利用できます」とそのメリットを強調する。

世界に先駆けて製品に実装しCSS3の完成と普及に貢献

さらに村上氏は,AH Formatter V5 の実際の使用について説明した。AH Formatter V5で組版を行う場合は,XML/HTML文書とCSSのスタイルシートを用意する。CSSで,ページレイアウトを自由に指定できる。例えば,縦書きにするにはwriting-modeプロパティを使用する。また日本語組版では,句読点・括弧類の組み方の決まり,和文の中に欧文や数字が混在する場合空きスペースを入れる決まりがある。それらに対応するプロパティを指定すると,自然で読みやすい組版結果が得られる。

ところで,XSL-FOやCSSは世界標準仕様であり,世界中の言語での使用が考慮されている。しかし,現時点ではJISの日本語組版規則と合致しない部分もある。またCSS3の仕様は,まだ完成していないドラフト状態である。そんな中,AH Formatter V5は世界に先駆けてCSS3ドラフト仕様を実装し,その完成に貢献しようとしている。

「アンテナハウスは,今後もCSS利用のすそ野を拡大するべく,自社ソリューションの強化と共に,標準仕様策定への積極的な関与を行っていきます。そして,CSSによる組版をより使いやすい形にして,多くの人に役立つようにしていきたい」と村上氏はさらなる貢献への意欲を語った。

CSS によるページ組版の例:脚注・縦書き

「Antenna House Formatter V5.0」では,脚注も簡単に作成できる。floatプロパティの値にfootnoteを指定すれば,その要素の内容が脚注に表示される

アンテナハウス株式会社
E-mail sis@antenna.co.jp
URL http://www.antenna.co.jp/

※本企画記載の社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

XDev2008トップへ戻る

ITproについて会員登録・メールマガジン購読ITproプレミアム(有料サービス)MyITproについてITpro Researchについて
ITproへのお問い合わせ・ご意見日経BP書店日経BPケータイメニュー広告について
著作権リンクについて|個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用についてサイトマップ

日経BP社Copyright (C) 1995-2010 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.
このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。著作権は日経BP社,またはその情報提供者に帰属します。
掲載している情報は,記事執筆時点のものです。