• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

2005/10/13 ITpro
Windowsコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順)

gpupdate  セキュリティ設定を含み,ローカルグループ・ポリシーとグループ・ポリシーの設定を更新 (標準)

 構文  
GPUPDATE [/Target:{Computer | User}] [/Force] [/Wait:<値>] [/Logoff] [/Boot] [/Sync]

 オプション 
/Target:{Computer | User}どのポリシー設定を更新するかを指定する。「Computer」を指定するとコンピュータのみ,「User」を指定するとユーザーのみとなる。デフォルトでは両方のポリシー設定が更新される。
/Forceすべてのポリシー設定をあらためて適用する。デフォルトでは(このオプションを指定しなければ),再適用の対象は設定が変更されたポリシーのみとなる。
/Wait:{値}ポリシー処理の完了を待つ時間を,秒単位で指定する。デフォルトは「600」秒。「0」を指定すると完了を待たず,「-1」を指定すると完了まで無制限に待つことを意味する。指定された時間が経過するとコマンド・プロンプトが返されるが,ポリシー処理は続行される。
/Logoffグループ・ポリシー設定の更新完了後にログオフする。このオプションは,例えば,特定のユーザーが対象の「ソフトウエアのインストール」や「フォルダリダイレクト」など,バックグラウンド更新ではポリシーを処理しないが,ユーザーのログオン時にポリシーを処理するクライアントにおいて指定するとよい。このオプションを指定しても,ログオフが必要な拡張と無関係な場合は影響しない。
/Bootグループ・ポリシー設定の更新完了後に再起動する。このオプションは,例えば,コンピュータにおける「ソフトウエアのインストール」など,バックグラウンド更新ではポリシーを処理しないが,コンピュータの起動時にポリシーを処理するクライアントにおいて指定するとよい。このオプションを指定しても,再起動が必要な拡張と無関係な場合は影響しない。
/Sync次のフォアグラウンド・ポリシーアプリケーションを同時に実行する。フォアグラウンド・ポリシーアプリケーションは,コンピュータの起動時およびユーザーのログオン時に実行される。「/Target」パラメータと同時に指定すると,ユーザー,コンピュータ,あるいはその両方に指定できるが,この場合には「/Force」および「/Wait」パラメータは無視される。

 利用環境  
NT/2000/XP/2003

 説明  
セキュリティ設定を含み,ローカルグループ・ポリシーとグループ・ポリシーの設定を更新する。

 使用例  
コンピュータのグループ・ポリシーの設定を更新する。ポリシー処理が完了するまで無制限に待つ。
gpupdate /target:Computer /wait:-1

 関連事項  
なし

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る