• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

スパム・メールの割合は過去最悪の93%に,「ビジネスに使えなくなる」

ITpro 2006/12/07 ITpro

 米Postiniは,2006年11月におけるスパム/ウイルス被害状況と2007年の予測を米国時間12月6日に発表した。それによると,スパム・メールの割合が過去最高の93%を記録したという。正規のメール1件につき,12件のスパムを遮断していることになる。

 同社は同月,220億件の電子メールをスパムとして遮断した。遮断したスパムの総データ量は86.5テラ・バイトに相当するという。同社が処理したスパムの件数は,過去12カ月間で147%増加しており,過去3カ月だけでも70%増えている。画像やオフィス・アプリケーションの文書を添付したスパムが急激に増えているため,同社のデータ・センターを通過したスパムの総データ量は2005年11月から334%増加しているという。

 2006年通期でみると,スパムによる攻撃が“洗練”され,攻撃の数も増加しているという。例えば,2005年には5%未満だった画像スパムとオフィス文書スパムが,2006年の第4四半期にはスパム全体の45%を占めた。また,インスタント・メッセージング(IM)攻撃や,総当たり攻撃を仕掛けて企業サーバーから電子メール・アドレスを盗み出すDHA攻撃(ディレクトリ獲得攻撃)も急増した。

 2007年における見通しとして,同社はスパム攻撃が引き続き増加し,新しいタイプの攻撃が出現すると予測している。電子メールを利用する攻撃がこれまで以上に増えるため,スパムを遮断して生産性を維持することが企業とって最優先事項になるという。スパム,ウイルス,フィッシングといった攻撃への対策をとっていない企業は,電子メール・システムをビジネス・ツールとして利用できなくなる恐れがあるとしている。

 また,新しい法律の成立により,ブログなどのWebコンテンツも保持する必要がある電子データの対象となったため,多くの企業は,データの保存,発見,電子通信の方法について再検討することになるという。そのほかにも,双方向の通信手段として利用されているWeb 2.0アプリケーションについてもセキュリティと法令順守を確認する必要があるとしている。

 同社は12月に,3700万件のウイルス・メールを遮断した。これは,同社が処理した全メールの0.5%に相当する。同月検出したウイルスのワースト5は以下の通り。

■2006年11月のウイルス被害状況

順位   ウイルス名                         検出数
---------------------------------------------------
1位   warezov/stration/stration.gen   12,488,779
2位   netsky                             5,874,174
3位   mytob                              2,527,788
4位   mime                               2,402,366
5位   mydoom                             1,497,950
---------------------------------------------------
出典:Postini

発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る