• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Googleがスタンフォード法律学校に200万ドルを寄付

ITpro 2006/11/30 ITpro

 米Googleは米スタンフォード法律学校に200万ドルを寄付する。スタンフォード法律学校が米国時間11月29日に明らかにした。同学校は,Googleの寄付金を,シリコンバレーにある研究センター「Center for Internet and Society(CIS)」の資金にあてる。

 CISは,特に新技術と法規に焦点をおいた公益技術法律およびポリシー・プログラムをテーマとして2000年に設立された。近年では,知的資産,言論の自由,プライバシ,セキュリティなどの分野に取り組んでいる。直近のプロジェクトとしては,確認判決訴訟を通じたデジタル環境における「公正な使用権」の保護を研究する「Fair Use Project」などがある。

 GoogleとCISは,情報の使用権と所有権におけるバランスの確立を目指し,協力するという。

 「CISでは,ナレッジや情報の可用性を高める手段を探る一方で,その所有者や作成者を保護し,現在最も重要な課題の1つを克服することを目指している」(スタンフォード法律学校学部長のRichard E. Lang教授)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【GWスペシャル2017】

    試してみよう!五月病にならないGWの過ごし方

     五月病は、ゴールデンウイーク(GW)明けに発症する病気だ。うつ病に似たもので、抑うつや無気力、不安や焦りなどの症状が現れる。放っておくと出社できなくなることも。五月病にならないGWの過ごし方を、IT企業などで健康指導を行う保健師・金橋治美氏に聞いた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る