• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

加RIMと米NTPの特許侵害訴訟,米特許商標局が争点の特許を却下

ITPro 2006/02/27 ITpro

 カナダResearch In Motion(RIM)と米NTPのあいだで争われている特許侵害訴訟において,米特許商標局(USPTO)は再審理の結果NTPの特許を無効と判断した。RIMが現地時間2月1日に,USPTOから通知を受け取ったことを明らかにした。

 今回USPTOが却下した特許の米国特許番号は「5,436,960」。タイトルは「Electronic mail system with RF communications to mobile processors and method of operation thereof 」。無線接続経由で電子メールをやりとりする通信手法に関係する。1991年5月20日に申請し,1995年7月25日に成立した。89件のクレームから成る。

 RIMによれば,「NTPとの訴訟で争点として残されていた3件の特許はすべて却下された」。5,436,960特許以外の2件は以下の通り。

・米国特許番号「6,317,592」。タイトル「Electronic mail system with RF communications to mobile processors」。1999年12月6日申請,2001年11月13日成立。USPTOが無効と判断(RIMが2006年2月1日に公表)。
・米国特許番号「6,067,451」。タイトル「Electronic mail system with RF communications to mobile processors」。1998年9月28日申請,2000年5月23日成立。USPTOが無効と判断(RIMが2006年2月22日に公表)。

 RIMは,「NTPが申し立てを起こす可能性はあるが,3件を無効であるとする結論は,USPTO中央再審査局の最終判断を反映したものだ」と述べた。

 ちなみに同日,米連邦裁判所はRIMの電子メール・サービス「BlackBerry」の即時禁止命令を出さないことを決定した。しかしJames Spencer判事は,「以前の審理で,RIMはNTPの特許を侵害したと認定されており,和解に至らなければBlackBerryの差し止め命令を発する可能性は残っている」と述べた(米メディア)。

◎関連記事
加RIMが「BlackBerry」用アップデートを発表,“差止め命令”対策として
加RIMと米NTPの特許侵害訴訟,米特許商標局がNTP社の特許を無効と判断
加RIMと米NTPの特許訴訟,米最高裁がRIM社の審理一時中断の訴えを棄却
「当社による不正利用を主張する米NTPの特許,米特許商標局が有効性を棄却」,加RIM
加RIMが特許侵害訴訟で敗訴,控訴する意向を表明
加RIMと米Good Technologyが和解,ライセンス契約を締結
加RIMと米NTPの特許侵害訴訟,米特許商標局がNTP社の特許を無効と判断
「2009年の世界モバイル・ワーカー数は8億5000万人超,全就労者の4分の1以上」,米調査

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る