• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「2005年の米国特許取得企業,首位は13年連続で米IBM」,USPTOの速報

2006/01/11 ITpro

 米特許商標局(USPTO)は米国時間1月10日に,2005年における米国特許取得企業のトップ10を発表した。前年に引き続き米IBMが首位を獲得。同社は2005年に2941件(速報値)の特許を取得した。2位はキヤノンで,取得件数は1828件だった。

 IBM社によれば,同社は13年連続で1位を維持しているという。

■2005年の米国特許取得企業トップ10

2005年    2005年の                                 2004年
の順位*   取得件数*   企業名                       の順位
--------------------------------------------------------------
1         2,941       IBM                           1
2         1,828       キヤノン                      3
3         1,797       Hewlett-Packard Development   4
4         1,688       松下電器産業                  2
5         1,641       Samsung Electronics           6
6         1,561       Micron Technology             5
7         1,549       Intel                         7
8         1,271       日立製作所                    8
9         1,258       東芝                          9
10        1,154       富士通                        11
--------------------------------------------------------------
*2005年のデータは速報値

出典:USPTO

 IBM社は,特許品質の向上を目的とした取り組みを同日発表した。USPTOと協力して特許承認プロセスにおけるオープンなコミュニティ・レビューの実現を目指すほか,オープンソース・ソフトウエア・プロジェクト「Open Source Software as Prior Art」では,プログラマが公開している数百万行のソース・コードを検索可能なシステムを構築する。Open Source Software as Prior Artには,IBM社をはじめ,Linuxの普及促進を目指す非営利団体Open Source Development Lab(OSDL),米Novell,米Red Hat,米VA Softwareのオープンソース・コミュニティSourceForge.netが参加する。

◎関連記事
「2004年の米国特許取得No.1企業は米IBM,2位は松下」,米特許商標庁の速報
IBMが500件の特許をすべてのオープンソース・ソフトウエアに許諾
米Sunが「Solaris 10」をオープンソース化,関連特許1600件も無償提供
「500件の特許公開」で見えたIBMとMicrosoftの知財戦略の違い
「米国特許制度を改正すべき」,米Microsoftが改善プランを提案
米下院議員が先願主義への移行などを規定した特許制度改革法案を提出
欧州議会がソフトウエア特許指令を最終的に否決
オープンソース・コミュニティに開放された500以上の特許リスト,OSDLが公開

[発表資料(USPTOのプレス・リリース)]
[発表資料(IBM社のプレス・リリース)]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る