• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米Microsoftと米JBoss,Windows ServerとJavaミドルウエアの相互操作性強化で協力

IT Pro 2005/09/28 ITpro

 米JBossと米Microsoftは米国時間9月27日に,JBoss社のオープンソース開発用ミドルウエア「JBoss Enterprise Middleware System(JEMS)」とMicrosoft社製サーバー・ソフトウエアの相互操作性確立に向けて協力体制を敷くと発表した。またJEMSにおけるWindows Serverサポートの強化も図る。

 両社は今後もそれぞれのJavaと.NET向け製品で引き続き競い合いながら,相互操作性を向上することで市場機会を探り,Windows Server上でJBossを使用するユーザーに最適な体験を保証できるようにするとしている。

 JEMSは,さまざまなベンダーの商用/オープンソース・ソフトウエアを連携させるためのオープンソース・ミドルウエア。アプリケーション,マイクロカーネル,Javaランタイムなどの組み込みが可能。特定のベンダーが提供している単一ミドルウエア・スタックに縛られることがなく,ワークフローに適した技術を組み合わせて作業を進められるという。

 「両社の協力により,顧客にいっそう豊富な機能と優れた統合を提供し,結果的にTCOの削減につなげることができる」(両社)

 両社の技術協力では,主に以下の内容に焦点を当てる。

・「Active Directory」を通じた統合サインオンおよび連携型ID管理
・WS-仕様をベースにしたWebサービス間の相互操作性確保
・「Microsoft Operations Manager」向けの管理ツール
・JBoss社の「Hibernate」および「Enterprise JavaBeans 3.0」と「SQL Server」の最適化

 ちなみにJBoss社製品管理部門バイス・プレジデントのShaun Connolly氏によると,JEMSを導入している企業の半数近くがWindows Server環境で使用しているという。「共通の顧客に最良の体験を提供するのは理にかなったことだ」(同氏)

◎関連記事
米JBoss,さまざまな開発環境を組み込めるミドルウエア「JEMS」を正式発表
米JBoss,ミドルウエア「JEMS」対応オープンソース活動への支援策を発表
米JBoss,J2EEサポートで米Sunと関係拡大
米JBoss,オープンソース開発向けミドルウエア「JEMS」の免責保証を強化
米JBoss,開発用ミドルウエア「JEMS」対応ベンダー向け支援プログラムを発表
オープンソースの.NET互換開発環境「Mono 1.0」,米Novellの支援のもとで正式リリース
「米政府機関IT幹部の約6割がオープンソース・アーキテクチャの導入に賛成」,米調査
「Java開発者はオープンソース・ソフトを信頼し,積極的に利用している」,米調査より

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る