• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

調査・統計ニュース

Webブランド指数ランキング首位に「Yahoo! JAPAN」

鴨沢 浅葱=Infostand 2011/01/06 日経パソコン

 日経BPコンサルティングが2011年1月5日に発表した「Webブランド調査2011-I」によると、Webサイトの総合的なブランド力を示すWebブランド指数(WBI)の2010年第4四半期の国内トップは「Yahoo!JAPAN」で、「楽天市場」が僅差で2位となった。

 企業や団体が運営する国内の主要800サイトの総合評価で、3カ月ごとに実施している。(1)アクセス頻度、(2)コンバージョン(会員登録や商品購入などサイト内で実際に行われた行動度合)、(3)波及効果(サイトを閲覧した結果、サイト以外で実際に行われた行動度合)、(4)サイト・ユーザビリティ、(5)サイト・ロイヤルティ、(6)態度変容(サイトを運営する企業・組織に対するロイヤルティ)――の6項目で評価した。

 Yahoo!JAPANは獲得ポイントが118.2となり、116.5ポイントの楽天市場と1.7ポイントの差でトップに立った。コンバージョン指数のスコアが6項目の中で最も伸びており、特に「会員登録、メールマガジンの購読」の得票率が上がっていた。また、「Tポイント」を発行するカルチュア・コンビニエンス・クラブや、「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイとの業務提携が会員獲得につながったとみられる。

 3位以下は、Google(96.9ポイント)、Amazon.co.jp(92.0ポイント)、Yahoo!ニュース(90.0ポイント)、WikipediaとGoogle マップ(88.3ポイントで同点)、価格.com(84.4ポイント)、Yahoo!天気情報(83.4ポイント)、YouTube(81.5ポイント)の順だった。

 また、前回調査と比べて、最もスコアが上昇したのは会員制格安旅行代理店の「トクー!トラベル」(45.0ポイント)。8.3ポイント増で706位から429位までランクを上げた。「1泊109円~」のうたい文句などによるアクセス頻度の上昇や、7月のリニューアルによるユーザビリティの向上が奏功した。

 このほか、前回調査から最も平均スコアが伸びた業界は「金融」で、2.5ポイント以上上昇した15サイトのうち6サイトがクレジットカード会社のものだった。カード業界がWebサイトの活用に力を入れていることがうかがわれる。

 調査期間は2010年10月6日~25日。有効回答者数は4万1285人。

 

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る