• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

調査・統計ニュース

行動ターゲット型オンライン広告は価格も効果も2倍

ITpro 2010/03/25 ITpro

 オンライン企業の業界団体Network Advertising Initiative(NAI)が現地時間2010年3月24日にまとめた調査結果によると、ユーザーのオンライン行動に基づいたターゲット型オンライン広告は、ネットワーク全体に配信する非ターゲット型オンライン広告と比べ、2倍以上の価値と効果があるという。

 2009年におけるオンライン広告のCPM(1000インプレッション当たりの広告費用)は、行動ターゲット型が4.12ドル、非ターゲット型が1.98ドルだった。広告をクリックしたユーザーが商品購入に至る割合(成約率)は、行動ターゲット型が6.8%だったのに対し、非ターゲット型は2.8%にとどまった。

 米連邦取引委員会(FTC)消費者保護局の元ディレクタであり、NAIとともに今回の調査を実施したHoward Beales氏は、「通常の広告より2倍の価格で売れ、2倍の効果を発揮する行動ターゲット型オンライン広告は、消費者向け無償オンライン・コンテンツやオンライン・サービスを支える経済モデルにとって重要性が増している」と述べた。

 同調査は、米Akamai、米AOL、米Microsoft、米Google、米Yahoo!などが運営する主要な12の広告ネットワークを対象に分析したもの。これら広告ネットワークにおける2009年の売上高は合計33億2300万ドルに上っている。

[発表資料(PDF文書)]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る