• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

調査・統計ニュース

企業サイト担当幹部,マーケティング出身がIT経験者より多い

ITpro 2009/01/29 ITpro

 インターネット関連の非営利団体Internet Strategy Forum(ISF)は米国時間2009年1月28日,企業でWebサイト運営を担当する常勤幹部社員に関する調査結果を発表した。それによると,Web担当の幹部社員はマーケティング出身者がIT経験者よりやや多かった。大学卒業後にインターネット関連業務を専門にしてきた人は,回答者全体の15%にとどまった。

 企業はWebサイトを情報発信だけでなくソーシャル・メディアやオンライン・マーケティングの手段としても使うため,インターネット/IT分野に加えマーケティング分野のスキルも担当幹部社員に要求する。その結果,さまざまな経歴の幹部社員がそれぞれの得意分野の責任を負うようになったと同社は分析する。

 Web担当幹部社員を年齢別で見ると,35~54歳が70%弱で最も多かった。これに18~24歳の26%が続く。最終学歴は50%弱が大学卒業(学士号取得)。年収は約40%が9万5000~15万5000ドル。

 この調査は,ISFのメンバー企業250社を対象に実施された。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「仕様漏れ」に陥らない三つのワザ

     要件定義はとにかく難しい。炎上するプロジェクトはだいたい要件定義が失敗している。「この仕様は間違っている」「この項目がないのはおかしい」などと、プロジェクトの終わりが見えたころに指摘される。仕様書や要件定義書まで戻って変更して、設計・実装のやり直しに追われることになる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る