• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

調査・統計ニュース

「Oracleの最新セキュリティ・パッチを適用したデータベース管理者は1割」,Sentrigoの調査

ITpro 2008/01/16 ITpro

 米Sentrigoは米国時間1月14日,米Oracleデータベースのユーザーを対象に実施した調査結果を発表した。それによると,Oracleが四半期ごとに配布しているセキュリティ・ホールを修正する定例パッチ(CPU:Critical Patch Update)の最新版を適用したデータベース管理者は1割に過ぎなかった。

 調査は,データベース管理者やコンサルタントといったOracleユーザーを対象に実施したもので,305人から回答を得た。その結果,約68%に相当する206人は,「これまでにCPUをインストールしたことが無い」と答えている。

 Oracleは,CPUプログラムを通じて同社のデータベース・サーバーやアプリケーション・サーバー製品などで見つかったセキュリティ・ホールの修正をサポートしている。しかし,多くのデータベースでCPUが適用されておらず,危険な状態にさらされていることが今回の調査で明らかになった。

 CPUの適用に当たり,ダウンタイムやアプリケーションとの互換性に関する懸念などが障害として挙げられるが,「企業は最新のパッチを適用しないことでデータベースを危険にさらすというリスクについて理解していない」とSentrigoは指摘している。

発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る