• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

調査・統計ニュース

「Windows離れが進む北米の開発者,前年比約12%減」,Evans Dataの調査

ITpro 2007/07/04 ITpro

 米Evans Dataは米国時間7月3日,北米の開発者に対して実施した調査結果を発表した。それによると,Windowsをターゲットとする開発が前年調査から約12%減少しており,2年連続で縮小していることが明らかになった。

 現在,北米の開発者の64.8%がWindows向け開発を手がけている。前年の調査では,この割合が74%だった。Evans Dataは,2008年にはさらに2%減少すると予測している。Windows向け開発が市場で最大シェアを占める状況は変わらないが,Linux向け開発が前年比で34%増加している。Linux向け開発が全体に占める割合は前年の8.8%から11.8%に拡大しており,2008年に16%まで拡大するとEvans Dataは予想している。

 Evans Dataの社長兼CEO(最高経営責任者)のJohn Andrews氏は,「Windows離れは約2年前に始まった。今回の調査結果により,この傾向が加速していることが明らかになった」とコメント。同氏によれば,Linux向け開発が伸びているが,新しいクライアント機器向けのニッチなOSも成長しているという。

 そのほかにも,調査により最も広く使われているスクリプト言語がJavaScriptで,ユーザーの数はPHP,Ruby,Pythonの3倍以上に相当することがわかった。Evans Dataは,Rubyの利用が2008年に約50%増加すると見込んでいる。また,対象となった開発者の3分の1は仮想化技術に取り組んでおり,2008年には42.5%まで拡大するという。

 今回の調査は,北米のソフトウエア開発者とITマネージャ400人以上に実施したもの。

発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【スマホ料金の勘違い】

    auのスマホ料金、「最安1GB」よりも「2GB」が得な理由

     au(KDDI)のスマートフォン向け料金プランは、新旧が混在している。ほかの携帯電話事業者と同様の、通話がかけ放題となるサービス「カケホ」「スーパーカケホ」に加えて、通話定額が導入される前から提供している「LTEプラン」も選べることが特徴だ。またNTTドコモにはない、1GBのデータ定額サービスも用…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る