• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

調査・統計ニュース

「Google,減速の兆し見えない」--米調査

ITpro 2007/04/12 ITpro

 米Hitwiseは米国時間4月11日,米国の検索エンジン市場に関する調査結果を発表した。それによると,2007年3月は首位「Google」のシェアは64.13%と,前年同月(58.33%)と前月(63.90%)に比べていずれもシェアを拡大した。

 2位「Yahoo!」のシェアは21.3%で,前年同月(22.3%),前月(21.5%)から縮小気味である。3位「MSN Search」も前年同月ならびに前月からシェアを下げた。

■米国の主要検索エンジン・プロバイダ別シェアの推移

ドメイン名           2007年3月      2007年2月      2006年3月
--------------------------------------------------------------
www.google.com         64.13%         63.90%         58.33%
search.yahoo.com       21.26%         21.47%         22.30%
search.msn.com          9.15%          9.30%         13.09%
www.ask.com             3.48%          3.52%          3.99%
---------------------------------------------------------------
出典:Hitwise

 Hitwiseのグローバル・リサーチ部門でジェネラル・マネージャを務めるBill Tancer 氏は,「Googleの成長は減速の兆しが見えない」とコメントしている。「Googleはすでに米検索エンジン市場の過半数を押さえており,競合企業が検索エンジンに改良を加えている中で,さらにシェアを拡大し続けている」(同氏)。

 この調査は,米国の1000万人のインターネットユーザーを対象に実施したもの。

発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    副業解禁のインパクト

     働き方改革の一環として、企業で働く社員の「副業」に注目が集まっている。副業は新たな収入源の確保、転職しなくても新しい仕事にチャレンジできるといったポジティブな側面がある。一方、過重労働や本業と副業での利益相反といった懸念もある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る