• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

記者の眼

Rubyはエンタープライズの基盤になれるか

高橋 信頼=ITpro 2007/11/01 ITpro

 Rubyはどこまで大規模な基幹システムに適用できるか---この問いに対する答えを探す,あるいは作る試みが動き出している。

 Rubyを大規模システムへ適用しようという原動力となっているのが,エンタープライズ・システムの生産性を向上させたいという企業の要求と,Rubyを使いたいという開発者の要望だ。「Ruby on Railsの生産性はVBscriptの倍,PHPの1.5倍ではないか」」(カカクコム 事業開発本部事業開発部システム担当部長 宮島壮洋氏)。「COBOLやVBに比べ4割から5割生産性が向上しそうだ」(テクノプロジェクト 代表取締役専務 吉岡宏氏)。

 しかし,ビジネスへの本格的な適用が始まったばかりのRubyを大規模で高信頼性が要求されるシステムに適用するためには,いくつかの課題を証明,または解決する必要がある。

 その課題とは何か。日本で最大規模の事例であるカカクコムの「食べログ.com」や,松江市役所の高額医療費システム開発プロジェクトから,その課題と解答を見てみよう。

大量データでの性能に苦しむ


食べログ.com
[画像のクリックで拡大表示]

食べログのシステム構成
[画像のクリックで拡大表示]

カカクコム 事業開発本部事業開発部システム担当部長 宮島壮洋氏
[画像のクリックで拡大表示]
 「食べログ.com」は,ユーザーがレストランを評価しレーティングするクチコミ・サイトである。2007年9月末で登録レストラン件数は約13万店,登録レビュー約29万件,登録写真約24万点,月間利用者約380万人,月間約2900万PV(ページビュー)。サイト利用者が1年前の約3倍となるなど,アクセスが急増している。

 食べログ.comがサイトの再構築に踏み切った理由は,以前のシステムが拡張に拡張を重ねたためシステムが複雑になり,機動的にシステムの変更ができなくなっていたためだ。「ある箇所を変更すると,どこまで影響が及ぶのか把握が困難になってきていた」(カカクコム 宮島氏)。従来のシステムは2003年,Windowsサーバー上にVBscriptで開発した。「ユーザーの要望に応じてスピード優先で改良してきた」(カカクコム 食べログ.com運営責任者 村上敦浩氏)ことが食べログ成長の原動力だったが,それが難しくなってきていた。

 再構築を検討したのは2007年4月ごろ。PHPとRubyが候補だった。Railsをやりたい,というエンジニアが多かったが,時期尚早ではないかという意見もあった。「しかし,楽天やTwitterがRailsを採用したと聞き,検証してみて,Rubyを適用できると決断した」(宮島氏)。

 Rubyは初めてという技術者が多かったが,噂に違わず「開発のスピードはかなり速かった」(宮島氏)。食べログの画面数は約200あるが,開発に取りかかって約2カ月で完成した。「VBscriptならこの倍,PHPでも1.5倍はかかっていたのではないか」(宮島氏)。コード量も10分の1になった。VBsciptではコードを再利用する際にコピーしていたのに対し,Rubyではクラス継承により集約でき,変更の際の見通しもよくなった。

 しかし,それからが苦労の始まりだった。本番の大量データで動かすと,性能が極端に低下したのだ。少量のテスト・データでの検証では起きなかった現象だった。

自動生成されたSQL文を書き換える

 最大の原因は,Ruby on Railsが自動生成したSQL文だった。データベースへアクセスするためのSQL文を生成する機能はRuby on Railsの高い生産性をもたらす特徴のひとつだが,データが何十万件という巨大な規模になった時,そのままでは実用的な性能が得られなかった。「何十万件というデータを全部とってきてメモリーに載せようとする」(宮島氏)。

 カカクコムは効率の悪いSQL文を書き換えていった。RailsとMySQLについてのノウハウが少なかったこともあり,この作業に1カ月半を要した。MySQLに詳しいスマートスタイルと,まつもとゆきひろ氏が在籍するネットワーク応用通信研究所に協力を依頼した。

 MySQLのバグと思われる現象にも遭遇した。「MySQLの性能が急に低下した。どうやらCPUがクアッドコアで特定のOSの際に起きるバグらしく,バージョンを上げることで発生しなくなった」(宮島氏)。

 これらのチューニングや対策のため,開発期間は当初予定の3カ月から6カ月に伸び,新システムの稼働は10月19日にずれこんだ。

 再構築したことで「新しい機能をどんどん追加できるようになった。リニューアル前は一回の変更に数週間かかるようになっていたが,昔のように毎週新機能を追加できる」(村上氏)。カカクコムでは他のサイトにもRuby on Railsの採用を広げていきたいとしており,すでに映画情報サイトEiga.comもRailsで動いている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る