• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

LINEが2014年1-3月期の売上高開示、LINE事業は対前年同期比で223%増

大谷 晃司=日経コンピュータ 2014/05/08 日経コンピュータ
図●LINE事業の売上高推移
図●LINE事業の売上高推移
[画像のクリックで拡大表示]

 LINEは2014年5月8日、2014年1-3月期の業績を開示した。2014年1-3月期の売上高は前の四半期(2013年10-12月期)比で14%増の180億円。業績は同社子会社であるLINE PLUS、LINE Business Partners、データホテルなどとの連結業績である。売上高以外の業績はこれまで同様非公表。上場については「今のところ決定している事実はない」(同社)。

 売上高のうち、同社の基幹事業であるLINE事業の2014年1-3月期売上高は前の四半期比19%増の146億円、対前年同期比で223%増となった()。LINE事業の売上高の構成は、ゲーム課金が約60%、スタンプ課金が約20%と前期と同傾向で、そのほか公式アカウントやスポンサードスタンプなどがLINE事業の売上高に含まれる。

 「LINE」の全世界の登録ユーザーは4月1日に4億人を突破し(関連記事)、現在は4億2000万人に増加。東南アジアやスペインなどのほか、南米のチリ、ベネズエラなどでテレビCMを放映するなどして新規ユーザーが増加しているという。

 各国・地域向けのローカライズも進めており、ゲーム事業においては日本語、英語のほか、タイや台湾など向けの言語対応を拡大。スタンプ事業では現地の文化に合わせたキャラクタースタンプを展開するなどしており、特にイタリアやフランスでLINE利用者増に寄与しているという。広告事業も世界各国で展開。インセンティブサービスである「LINE フリーコイン」は日本、台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、香港、シンガポール、韓国で展開中である。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    SEの仕事とは?子供にどう説明すべきか悩む

     以前聞いた話だが、30代のあるSEが4歳の娘から「パパはどんな仕事をしているの?」と尋ねられ、とても困ったそうだ。ITやエンジニアという言葉を使っても、おそらく理解してもらえないはず。自分の仕事を分かりやすくかみ砕いて説明するにはどうしたらよいか。悩んだ挙げ句、彼はこんな説明をしたそうだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る