• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

[MWC2014]SanDiskが128GバイトのmicroSDXCカードなどを出展

山口健太=Windows Phoneジャーナリスト 2014/03/02 ITpro

 SanDiskは2014年2月27日までスペイン・バルセロナで開催さていれた「Mobile World Congress 2014」(MWC2014)にブースを出展し、これまでで最大の容量となる128GバイトのmicroSDXCカードや、eMMC 5.0対応の組み込み用フラッシュドライブなどを出展した(写真1)。

写真1●SanDiskが128GバイトのmicroSDをブースに出展
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●SanDisk Ultra microSDXC UHS-I
[画像のクリックで拡大表示]

 「SanDisk Ultra microSDXC UHS-I」は、従来のmicroSDXCカードと同サイズでありながら、これまでで最大容量となる128Gバイトを実現(写真2)。一般的なSDXC、microSDXC対応のデバイスやリーダーで利用できる。10MB/秒の転送速度を保証する「Class 10」および最大104MB/秒の転送が可能な「UHS-I」に対応、スマートフォンやタブレットによるフルHD動画の記録にも対応できる。SanDiskによれば、ライト性能は一般的なmicroSDカード(5MB/秒)に比べて2倍以上、リード性能は最大30MB/秒という。

 128Gバイトという容量は、2004年に登場した128MバイトのmicroSDに比べ、約10年で容量が1000倍に向上したことを意味する。SanDiskはmicroSDXCカード内で、16個のフラッシュメモリーを垂直に積み重ねる技術により高容量化を実現したという。

 米国での価格は199.99ドルで、BestBuy.comおよびAmazon.comで独占的に販売する。日本国内でも改めて発表予定とする。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 内蔵ストレージ用高速フラッシュドライブも高速化
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    ファミマ社長が半日をグーグルに割いた意味

     米アマゾン・ウェブ・サービスと米グーグルが企業向けシステム市場で「大人」になった。クラウド活用は今まさに転換点を迎えている――。両社のそれぞれの日本法人が2017年6月に相次ぎ開催した年次イベントに参加して、記者はそう感じた。

  • 【ニュース解説】

    AWSとAzure、戦いの舞台はNoSQLへ

     パブリッククラウドサービス2強である、米アマゾン・ドット・コムのAmazon Web Services(AWS)と米マイクロソフトのMicrosoft AzureがNoSQLデータベースの分野で激しいサービス競争を繰り広げている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る