• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

横浜銀行データ不正取得事件で富士通フロンテックが説明、謝罪会見一問一答

小笠原 啓=日経コンピュータ 2014/02/05 日経コンピュータ
写真1●元従業員が横浜銀行データ不正取得事件で逮捕され、会見する富士通フロンテックの下島文明代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通フロンテックは2014年2月5日、横浜銀行を舞台としたカード不正取得事件で元従業員が逮捕されたことを受けて記者会見を開いた。登壇した富士通フロンテックの下島文明 代表取締役社長は、元従業員が起こした事件について陳謝するとともに、事件発覚直後から対策本部を作って捜査に協力してきたこと、捜査が継続していたため発表を控えていたことなどを説明した。

写真2●会見で謝罪する富士通フロンテックの下島文明 代表取締役社長(中)、今村洋 経営執行役常務 金融システム事業本部長(左)、富士通の窪田雅己 執行役員 第二金融ビジネス本部担当(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 会見では、今回の事件を引き起こした元従業員はATMシステムの開発に精通し、プロジェクト部長としてATMの取引履歴の解析や機器の管理権限を持つ立場にあったことを明らかにした。現在、同社は親会社である富士通と合同で対策本部を作っており、全容解明と再発防止に取り組むとしている。なお元従業員は2013年に懲戒解雇処分を受けている。

 会見での一問一答は以下の通り(特に断りがない場合、回答は下島社長)。

逮捕された元従業員は、プロジェクト部長という立場だった。どのような環境で取引を解析していたのか。

 横浜銀行の事務センター内にある当社のメンバーの席で働いていた。そこにある仕事上のパソコンで解析していた。ATMで障害が発生した際の取引情報の入手や取引履歴の解析、ソフトウエアの保守業務に関する機器管理の権限を持っていた。その権限を悪用する形で不正を行った。プロジェクト部長の立場でありながら、社会的正義に反することはあってはならないこと。私どものシステムで十分な管理が行き届かなかったことがあり、結果として防げなかった。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 取引データは外部に持ち出されたのか。(横浜銀行か...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    工事進行基準は廃止、受託ソフトの会計処理に新基準

     日本の会計基準を作成する企業会計基準委員会(ASBJ)は2017年7月20日、企業の売上高に関する会計処理を定める「収益認識基準」の草案を公開した。これまで受託ソフトウエア開発に適用されていた工事進行基準を定めた基準が廃止になるため、ITベンダーの会計処理に影響がある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る