• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「Haskellは企業でも十分実用になる」、NTTデータがソースコード解析サービスの舞台裏を披露

大森 敏行=日経ソフトウエア 2013/11/26 日経ソフトウエア
写真1●講演するNTTデータの岡田譲二氏
写真1●講演するNTTデータの岡田譲二氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●実装言語としてHaskellを選択した理由
写真2●実装言語としてHaskellを選択した理由
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータは、レガシーシステムのソースコードを解析して設計書として出力するサービス「設計書リカバリーサービス」を提供している(ニュースリリースITproの記事1)。このサービスは「Haskell」というプログラミング言語で実装されている(ITproの記事2)。2013年11月22日に開催されたイベント「数理システムユーザーコンファレンス2013」のセッション「COBOL meets Haskell ~ Haskellを用いたCOBOLのプログラム解析ツールの開発事例 ~」では、NTTデータ 技術開発本部 ソフトウェア工学推進センタの岡田譲二氏が、このサービスをHaskellで実装した理由などを明らかにした(写真1)。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 企業では、効率化したい業務のシステム化が進んでい...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る