• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

東急電鉄とイッツコムが新たに三つの商業施設で無線LANサービスの提供開始

長谷川 博=日経ニューメディア 2013/10/31 日経ニューメディア

 東京急行電鉄とイッツ・コミュニケーションズは2013年10月31日、新たに東急グループの主要商業施設3施設において、インターネット通信を楽しめる公衆無線LANサービスの提供を開始すると発表した。

 今回新たに公衆無線LAN環境を構築する施設は、「SHIBUYA109」、「クイーンズスクエア横浜 [アット!] 1st」、「クイーンズイースト」の3施設である。これにより、既にサービス提供を開始済みの施設と合わせ、合計12施設で「docomoWi-Fi」、「au Wi-Fi SPOT」、「Wi2 300」などの主要携帯電話事業者によるインターネット通信が利用できるようになる。

 サービス提供に当たり、東急電鉄は各施設のWi-Fi設備機器を所有し、主体となって事業を推進する。公衆無線LAN環境の構築、運用、管理は、東急線沿線を中心にケーブルテレビやインターネット接続サービスなどを提供しているイッツコムが行う。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【Apple Pay最新事情】

    NFC開放から占うApple Payの未来

     WWDC17におけるApple Payの最大の話題は、新機能「個人間(P2P)送金」の提供だった。一方でiOSエコノミーの開発者らの間では、iOS 11で初めて「NFC(Near Field Communication)」機能の開放が行われて大きな話題になっている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る