• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

IPA情報処理試験がセキュリティ分野重視に、基本や応用の午後試験では必須化

白井 良=日経コミュニケーション 2013/10/29 日経コミュニケーション

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は2013年10月29日、情報処理技術者試験でセキュリティの出題を拡充していくと発表した。すべての試験区分で、セキュリティに関する出題比率を高める。基本情報技術者試験と応用情報技術者試験では、午後試験において、情報セキュリティ分野の出題を選択問題から必須問題に変更する。「出題数が増加するが、出題範囲は変わらない」(IPA)。

 新しい出題方針が適用されるのは、ITパスポート試験で2014年5月7日以降、その他の試験で2014年春期以降となる。例えば、2013年秋期の応用情報技術者試験の午後問題では、Webサイトのセキュリティ強化策としてSSLの利用方法を中心とした選択問題を出題している。新しい出題方針の適用以降は、この種の設問が必須問題となる。

 狙いは、ITリテラシーの向上と高度人材の育成にある。背景として、2013年6月に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」や、政府が公表した「サイバーセキュリティ戦略」がある。それらでは、国民全体のITリテラシー向上やセキュリティ人材の育成が必要、と記述している。加えて、IPAが2013年10月に実施したIT技術者へのアンケートでは、セキュリティが習得ニーズの最も高い技術分野がだった。

発表資料

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    アップル非公認でも信頼できる?安心を訴えるスマホ修理業者

     メーカー保証外でスマートフォンの第三者修理を手掛ける「街のスマホ修理店」の運営関係者の間で、米アップルの「方針転換」が話題になっている。保証規約に違反となる修理をしたiPhoneでも、場合によって保証サービスを適用したり有償の正規修理に応じたりするように、保証や修理の規定を変えたというのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る