• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Google Glassが不正な二次元コードでハッキングされる脆弱性、すでに修正済み

鈴木 英子=ニューズフロント 2013/07/18 ITpro
写真●開発中のめがね型ウエアラブルコンピュータ「Google Glass」
写真●開発中のめがね型ウエアラブルコンピュータ「Google Glass」
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイルセキュリティの米Lookoutは現地時間2013年7月17日、米Googleが開発中のめがね型ウエアラブルコンピュータ「Google Glass」(写真)に関して、発見した脆弱性について発表した。不正な二次元コードによって、Google Glassが乗っ取られる恐れがあるという。

 具体的には、不正な二次元コードをGoogle Glassで読み取らせることにより、ユーザーに気づかれないまま、攻撃者が制御する悪意のあるWi-FiアクセスポイントにGoogle Glassを接続させることが可能であることを、Lookoutが確認した。

 攻撃者は、不正なWi-Fiアクセスポイントを介して、Google Glassが行うWebへのリクエストやクラウドへの画像アップロードなど、すべての接続を監視できる。また「Android 4.0.4」に存在する既知の脆弱性を突くWebページにGoogle Glassを誘導して、Google Glassを乗っ取ることも可能だという。

 Lookoutは、この脆弱性を5月16日にGoogleに報告した。Lookoutによれば、Googleは即座にバグ修正に取りかかり、6月4日にリリースしたファームウエアのアップデート「XE6」で解決している。

 米メディアの報道(AllThingsDSlashGear)によると、Google Glassは現在、「Glass Explorer」と呼ばれるベータテスター約1万人がテスト使用している段階。2014年には発売されると見られている。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る