• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米衛星放送のDISH Network、ソフトバンク対抗でスプリントに買収提案

榊原 康=日経コミュニケーション 2013/04/16 日経コミュニケーション

 米衛星放送のDISH Networkは米国時間の2013年4月15日、ソフトバンクが2012年10月に買収を発表(関連記事)した米携帯電話3位のスプリント・ネクステル取締役会に対し、対抗の買収提案を出したと発表した。買収額はソフトバンク提案の「201億ドルで約70%取得」に対し、DISHは「255億ドルで68%取得」を提案したという。

 DISH Networkは買収資金を現金173億ドルと株式82億ドルでまかなう計画。同社によると、スプリント・ネクステルの株主は1株当たり4.76ドルの現金とDISHの0.05953株(約2.24ドル相当)を受け取れる。ソフトバンク提案に対して現金の部分で18%、株式を含めてもトータルで13%のプレミアムを上乗せした水準としている。DISHは今年1月にも、スプリント・ネクステルが100%の株式取得を表明しているクリアワイヤに対して買収提案を出していた(関連記事)。

 今回の件は最終的にスプリント・ネクステルの判断となるため、ソフトバンクは「ノーコメント」(広報)としている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る