• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

富士フイルム、スマホやタブレットで医療用画像を閲覧できるシンクライアントビューワー

本間 康裕=ITpro 2013/04/04 ITpro
写真●「SYNAPSE ZERO」の概要
写真●「SYNAPSE ZERO」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムは2013年4月4日、CTやMRIなどで撮影した医療用の画像をスマートフォンやタブレットで見られるシステム 「SYNAPSE ZERO」(写真)を、5月10日から販売すると発表した。

 医療現場では、iPad4などの携帯情報端末で場所を問わずに、PACS(Picture Archiving and Communications Systemの略、医用画像情報システム) で管理されている画像を閲覧するニーズが高まっている。SYNAPSE ZEROは、富士フイルムのPACSシステム「SYNAPSE」と連携し、医師が普段利用している携帯端末上で画像を閲覧できる。

 「病棟で医師が回診する際に患者の治療経過を画像を見て確認する」「患者に画像を見せながら治療方針を説明する」「医師同士が画像を閲覧しながらカンファレンスを行う」「院外から専門医が画像を確認する」などの利用形態を想定している。
 
 特徴は、シンクライアント方式を採用していること。携帯端末の機種やOSを問わないのに加えて、画像表示に必要なビューワーソフトを携帯端末にインストールする必要がなく、ブラウザからログインして画像を閲覧できる。セキュリティ面では、端末に画像や患者情報が保存されないのに加えて、患者名や患者ID などを分からなくする個人情報匿名化機能を採用し、端末を紛失した場合の情報漏れを防いでいる。

 院外からのアクセス時には、IPSec-VPNや電子証明書を利用する。このほか、携帯端末上で過去に撮影したX線やCTの診断画像のリストを患者別に一覧で表示する、特定の画像を選択して拡大表示する、などの機能を持つ。

 対象端末は、iPhone4S、iPhone5、iPad Retina ディスプレイモデル、iPad miniおよびその上位機種、Android 4.1以降(ブラウザー:Google Chrome)、Windows 7以降(ブラウザー:Internet Explorer9以降、Google Chrome)、OS X Mountain Lion以降(ブラウザー:Safari 6以降)を搭載する機種。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る