• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「何度押しても消えませんよ」、Twitter上でブラウザー破壊リンクが出回る

清嶋 直樹=ITpro 2013/03/25 ITpro
画面●iPhone上でブラウザークラッシャーにアクセスした時の表示
画面●iPhone上でブラウザークラッシャーにアクセスした時の表示
[画像のクリックで拡大表示]

 トレンドマイクロは2013年3月22日、TwitterなどのソーシャルメディアでWebブラウザーを利用不可能にするツール(ブラウザークラッシャー、略称ブラクラ)へのリンクを含む投稿が拡散しているとして、注意を呼びかけた。

 このリンクをクリックすると、「今度は何度押しても消えませんよw(・∀・)ニヤニヤ」というメッセージボックスが表示され、ブラウザーが動作しなくなる。Windows、iOS、Androidなどプラットフォームを問わずにブラクラとして機能するのが大きな特徴。特に、コンピュータウイルスの脅威が少ないといわれるiPhoneなどのiOSデバイス(関連記事:ウイルス対策ソフトがiPhoneにないのはなぜ?)でも動作することに注意が必要だ(画面)。

 このブラクラは、Webブラウザーで動作する「JavaScript」を悪用した単純なもので、現時点では、このブラクラ自体に投稿を自動拡散したり、パソコン・スマートデバイス自体を破壊するような機能はない。基本的にはブラウザーの強制終了やシステム自体の再起動、電源OFFなどにより解決できる。

 ただし、システムやブラウザーの機能により、前回起動時のWebページを再表示する設定になっていた場合には、ブラウザークラッシャーのページが再表示されてしまう状況に陥ってしまう。そのような場合、以前のページを自動的に開かない設定にする、キャッシュをクリアする、JavaScriptを無効にするなどの方法で解決できる。トレンドマイクロ製のウイルス対策ソフトもこの脅威に対応しているという。

 トレンドマイクロは「ソーシャルメディア上で誘導されるURLの先に何が待っているかは、アクセス前には分かりません」「今回のケースは、ソーシャルメディア上で頒布されるURLについて、安易にアクセスすることを戒める事例と言えるでしょう」とし、ソーシャルメディア利用者が安易に見慣れない危険なURLにアクセスしないよう注意することを呼びかけている。

[トレンドマイクロのブログ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    IT業界でいまだにあるある?プロジェクト迷走記

     中堅F:この春にうちの部署に配属になってもう3カ月たったけど、仕事は順調かい? 新人O:はい、何とかやっています。でももうすぐ夏期休暇でホッとしています。でも先輩は元気がないですね。 中堅F:取引先といろいろあってね。「なんでこんなに理不尽な目に遭うんだ!」って思うことがときどきあるんだ。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る