• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

NTTPCが1Gbps回線のVPSサービス、クラウドコントローラーにWakame-vdcを採用

白井 良=日経コミュニケーション 2013/03/05 日経コミュニケーション

 NTTPCコミュニケーションズは2013年3月5日、最短3分で開通できるVPSサービス「WebARENA VPS クラウド」の提供を開始した。特徴は1Gビット/秒のインターネット回線を共用すること。データ転送への課金もないため、動画やアクセス量の多いWebアプリケーションに向くとしている。サービスやファイアウオール機能を標準で利用でき、オプションでロードバランサーやバックアップを追加できる。

 もう一つの特徴はクラウドコントローラーにオープンソースの国産ソフト「Wakame-vdc」を採用している点。Wakame-vdcはWakame Software Foundationにおいて、ベンチャー企業のあくしゅを中心に開発が進められている。GUIベースのコントロールパネル上で複数のインスタンスを一括管理して、起動や停止、ロードバランサーの設定、バックアップなどができる。Webサイト制作者やWebアプリケーション開発者などインフラ管理を専門としないエンジニアがターゲットだ。

 月額料金はインスタンス1台の「プラン100」が3780円。インスタンス20台の「プラン2000」が5万2920円となる。オプションのロードバランサーは3150円から、バックアップは2100円から。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【編集長の眼】

    クラウドに移行してもコストは減らない

     「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。AWSやAzureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る