• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft、「Windows 8」のライセンス販売数が6000万本突破と発表

鈴木 英子=ニューズフロント 2013/01/09 ITpro
画面●Windows 8の6000万本突破を知らせる公式ブログ
画面●Windows 8の6000万本突破を知らせる公式ブログ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2013年1月8日、同社の最新OS「Windows 8」のライセンス販売数が6000万本を突破したと発表した(画面)。前バージョン「Windows 7」と同様の販売ペースを示しているという。なおこの数字には旧バージョンからのアップデートとOEM向け販売が含まれる。

 Windows 8は2012年10月26日に一般向け提供を開始し、最初の4日間で400万件のアップグレードが行われた。リリースから1カ月後の11月27日には、ライセンス販売数が4000万本に達した(関連記事:Windows 8販売数、1カ月で4000万本に)。

 同社Windows担当最高マーケティング責任者(CMO)兼最高財務責任者(CFO)のTami Reller氏によると、Windows 8リリース以来、認定システムは急速に増えており、現在Windows 8(ARM搭載端末向けの「Windows RT」を含む)の動作認定を受けたシステムは1700種類以上にのぼる。

 また同氏は、Windows 8向けアプリケーション配信/販売サイト「Windows Store」のアプリケーション数が開設時と比べ4倍に拡大し、開設から2カ月間で累計ダウンロード数が1億件を超えたことも明らかにした。

 一方で、米NPD Groupは「Windows 8は、2012年ホリデーシーズンにおけるWindowsノートパソコンの販売向上や、年間を通して続いた販売不振の回復にほとんど寄与しなかった」と指摘している。NPDが先日発表した調査結果によると、年末商戦におけるWindowsノートパソコンの販売台数は前年と比べ11%減少した(関連記事:米国ホリデーシーズンのWindowsノート販売、1年前から11%減少)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ITpro Report】

    脅威を検出「Azure Security Center」は使えるか

     Azure Security Centerは、Azure上の仮想マシンやネットワークなどのリソースのセキュリティポリシー違反、外部からの攻撃やマルウエアの活動といった脅威を検出するサービスだ。ポリシー違反のリソースについては、21の推奨対策が用意されており、画面上のナビゲートに沿って実行できる。機…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る