• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

DNSの「D-root」サーバーのIPアドレスが変更、企業側サーバーも更新が必要

斉藤 栄太郎=ITpro 2012/12/18 ITpro

 日本レジストリサービス(JPRS)は2012年12月18日、DNS(Domain Name System)の大もとのサーバーである「ルートサーバー」の一つ「D.root-servers.net」(D-root)のIPアドレスが2013年1月から正式に変更されることをアナウンスし、DNSサーバーを運用している企業や組織の管理者に対応を呼びかけた。

 D-rootを管理している米メリーランド大学が現地時間12月14日に事前予告(advance notice)していたもので、IPアドレス(IPv4アドレス)が従来の「128.8.10.90」から「199.7.91.13」に変更される。新しいアドレスは既に利用可能となっているが、2013年1月3日に予定されているルートゾーンの変更終了時点より正式運用が開始されるという。

 なお、変更されるのはIPv4アドレスだけで、IPv6アドレスについては従来の「2001:500:2d::d」が継続して使われる。

 ルートサーバーのIPアドレスは、配下にある全世界のDNSサーバー(自ら反復的問い合わせをするフルリゾルバ)が固定的に持っている重要な情報である。ルート以外のDNSサーバーについてはルートを起点として問い合わせられるが、ルートの情報だけは最初に誰か(管理者)に教えてもらわなければならないからだ。

 具体的に、管理者がDNSサーバーに教える(設定する)ためのルートサーバーに関する情報を記述したファイルが「ルートヒントファイル」である。1月3日の正式運用開始後に内容が更新されるので、DNSサーバーを運用している企業や組織の管理者は、それを待ってから自分が管理しているDNSサーバーのルートヒントファイルを入れ替えればよい。

 D-rootでは、新アドレスの移行後少なくとも6カ月間は旧アドレスでもサービスが継続される予定になっており、1月3日時点で更新しなくても当面のところ実害はない。ただし、最終的に旧アドレスではサービスを終了することもアナウンスされているため、忘れないうちに更新作業をしておいた方がよいだろう。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る