• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

日立ソリューションズ、Amazon EC2のサーバー運用サービスをメニュー化

日川 佳三=ITpro 2012/11/30 ITpro

 日立ソリューションズは2012年11月29日、IaaSサービス「Amazon EC2」の運用を代行する「Amazon Web Servicesのための運用支援サービス」を発表した。11月30日から開始する。システム/データのバックアップや稼働状況の監視など、サーバー運用の基本機能群を一つにまとめ、料金メニュー化した。EC2の料金支払いなどAWSとの窓口も、日立ソリューションズが代行する。

 EC2上で稼働する仮想サーバーの運用を代行する。基本的な運用項目を一式パック化した基本契約「インフラおまかせパック」と、URL単位でWebサイトの稼働状況を遠隔監視するオプション契約「サイト監視サービス」について、シンプルな料金メニューを設定した。価格(税込み)は、基本契約が1サーバー当たり月額2万1000円から、URL監視オプションがURL当たり月額2万1000円から。

 基本契約であるインフラおまかせパックの主な内訳は、以下の通り。EC2インスタンス自体の死活監視、リソース(CPU/メモリー/ディスク)のしきい値監視/アラート、OS上で稼働する個々のプロセスの稼働状況監視、ログ監視、システムバックアップ、データバックアップ(EBSボリューム)、ログバックアップ(S3に退避)、アラート検知時の一次対応(あらかじめ決められた操作)とエスカレーション(電話連絡)。

 さらに、個別見積もりのオプションとして、システムの導入設計を支援する「コンサルティングサービス」、すべてのシステム運用を代行する「運用代行サービス」、障害時にシステム復旧までを支援する「障害復旧支援サービス」---の三つを用意している。標準的な料金メニューの範囲内では受けられないサービスを個別見積もりでカバーする。

 なお、サービスを利用するためには、個々の仮想サーバーに専用の監視エージェントをインストールする必要がある。サービス開始当初のエージェントの稼働OSはLinuxで、2013年4月からはWindows上で稼働するエージェントも用意する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    第二新卒のウソ、ホント

     人手不足が切迫感を増している。日本商工会議所の調査によると、中小の情報通信・情報サービス業では62.3%が人手不足と回答しており、全産業平均を上回る。こうした中で注目が高まっているのが、社会人経験3年未満で転職する「第二新卒」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る