• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ロジテックが理論値最大600Mbpsの超高速無線LANルーター、次世代規格11acに対応

清嶋 直樹=ITpro 2012/11/16 ITpro
写真●エレコムが2012年11月下旬に発売する理論値最大600Mbpsに対応した無線LANルーター「LAN-WH600ACGR」
写真●エレコムが2012年11月下旬に発売する理論値最大600Mbpsに対応した無線LANルーター「LAN-WH600ACGR」
[画像のクリックで拡大表示]

 エレコム傘下のコンピュータ周辺機器メーカーであるロジテックは2012年11月下旬、理論値ベースで最大600Mbpsの高速通信に対応した無線LANルーター「LAN-WH600ACGR」(写真)を発売すると発表した。標準価格は2万500円(税別)。

 米国電気電子学会(IEEE)が現在策定作業中の次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」を先行採用したのが最大の特長。従来規格「IEEE802.11n/a」に対応した同社製品の理論値450Mbpsに比べて、約1.3倍の通信速度を出せる。

 IEEE802.11acは電波干渉の少ない5GHz帯の無線周波数を使うため、他の電子機器との干渉が多く実効速度が制限されがちな2.4GHz帯に比べ、高い実効速度を得やすい。ただし、IEEE802.11acはまだ端末側の対応機器が少ないため、既存の多くのスマートフォンやゲーム機、パソコンで使える「IEEE802.11n/g/b」にも対応している。

 3本のハイパワーアンテナを搭載し、最大70メートル離れた場所から無線LANを利用できるのも特長。壁などの障害物にも強く、建物の構造や周囲の環境にもよるが、3階建ての一般家庭全体で十分な通信速度を得られるという。

 IEEE802.11acに対応した無線LANルーターはバッファローも2012年7月に発売している(関連記事)。

[ロジテックの発表資料]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    マイナンバーの行く手に見えてきた厄介な課題

     ついにマイナンバー制度の情報連携とマイナポータルの試行運用が7月18日に始まった。情報連携を担うのは、国の機関や自治体が個別に保有している住民個人情報を連携させる「情報提供ネットワークシステム」である。制度としては試行運用だが、マイナンバー制度の基盤を支えるシステムとしては本格稼働したことになる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る