• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「TwitterはすべてOSSでできている」、同社のOSSマネジャーが解説

高橋 信頼=ITpro 2012/10/26 ITpro
写真1●米ツイッター オープンソースマネージャー Chris Aniszczyk氏
写真1●米ツイッター オープンソースマネージャー Chris Aniszczyk氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Twitterを構成しているOSS
写真2●Twitterを構成しているOSS
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●米シティグループ Linuxエンジニアリング担当 VP Bob Mader氏
写真3●米シティグループ Linuxエンジニアリング担当 VP Bob Mader氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「Twitterはすべてオープンソースソフトウエア(OSS)でできている」---米ツイッターのオープンソースマネジャー Chris Aniszczyk氏(写真1)は2012年10月26日、東京で開催されたイベント「Enterprise User's Meeting 2012」で同社のOSS利用状況を解説した。

 Enterprise User's Meetingは、Linuxの普及推進を目的とする非営利組織The Linux Foundationが開催したイベント。The Linux FoundationはLinuxの作者であるLinus Torvalds氏がフェローとして在籍している。

 Twitterには全世界から1週間に28億件のつぶやきが投稿されている。毎秒平均5000件。米国のアメリカンフットボールの決勝であるスーパーボウルの際には秒間1万2223件、日本で「天空の城ラピュタ」がテレビ放映された際には秒間2万5088件という膨大なつぶやきが投稿された。

 この巨大なデータを処理しているのは「すべてOSS」(Aniszczyk氏)という。Linux、MySQL、Hadoop、Cassandra、Jenkins、Drupal、OpenJDKなどさまざまなOSSを利用している(写真2)。フロントエンドは当初Rubyだったが、最近さらに性能を追求するため関数型言語のScalaを採用した。Rubyは現在でも社内で利用しているという。

 利用するだけでなく、CSSフレームワークのBlueprint、ユーザーインタフェースフレームワークのBootstrapなど、同社が開発したソフトウエアをOSSとして公開している。ソフト開発プロジェクトをホスティングしているサイトGitHubのTwitterのページには80以上のプロジェクトがある。

米シティグループ幹部「ユーザー企業もコミュニティーに」

 米シティグループ Linuxエンジニアリング担当 VP Bob Mader氏(写真3)は「オープン ソース エンタープライズの実現」と題し講演。「ユーザー企業もコミュニティーに参加しよう」と呼びかけた。シティグループでは「膨大な数のLinuxサーバーを利用している」(Mader氏)。

 利用するだけでなく、コミュニティーに参加しようとMader氏は言う。シティグループはThe Linux FoundationのEnd User Councilのメンバーとなっている。

 「我々はベンダーではなく銀行だ。しかし、コミュニティーに参加することで、OSSがどう作られ、ユーザーに届けられているているのかという“サプライチェーン”をより理解でき、OSSを利用するメリットを拡大できる」と語った。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    マイナンバーの行く手に見えてきた厄介な課題

     ついにマイナンバー制度の情報連携とマイナポータルの試行運用が7月18日に始まった。情報連携を担うのは、国の機関や自治体が個別に保有している住民個人情報を連携させる「情報提供ネットワークシステム」である。制度としては試行運用だが、マイナンバー制度の基盤を支えるシステムとしては本格稼働したことになる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る