• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

東京モノレール車内で公衆無線LAN、2014年3月末までに全編成に導入

斉藤 栄太郎=ITpro 2012/10/20 ITpro
写真●走行中の東京モノレール車両(プレスリリースより引用)
写真●走行中の東京モノレール車両(プレスリリースより引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京モノレールら4社は2012年10月19日、走行中のモノレール全車両内でインターネットに接続できる公衆無線LANサービスの提供を始めたことを発表した(写真)。

 KDDIとUQコミュニケーションズ(以下、UQ)によるauスマートフォン向けサービスである「au Wi-Fi SPOT」と、auスマートフォンユーザー以外でも利用できるワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線LANサービス「Wi2 300」の2種類のサービスを同時に提供する。

 車両内に、UQのWiMAXをバックホール回線とする無線LANアクセスポイントを協力して設置することに4社が合意した。サービス開始時点で公衆無線LANサービスを提供するのは1編成(1編成は6車両)のみだが、2013年末までに8編成に拡大し、2014年3月末までに東京モノレールの全編成(20編成120車両)への導入を完了する予定だ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    自己完結では日本のIoTは負ける

     日本市場で普及し始めたIoT(Internet of Things)のサービスや製品の現状に対し、危機感を訴える声が強まっている。「日本では1社で完結したバラバラのIoTやビッグデータのシステムが乱立している。このままでは海外勢に負ける」。NTTの鵜浦博夫社長は日本のIoTが抱える問題点をこう語る…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る