• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

通帳・カードは不要、手のひら認証ATMを大垣共立銀行が全国初導入

高槻 芳=日経コンピュータ 2012/09/26 日経コンピュータ

 岐阜県を基盤とする大垣共立銀行は2012年9月26日、通帳やキャッシュカードがなくても手のひらをかざせば利用可能なATM(自動現金預け払い機)を国内で初めて導入した。27日までに約20カ所に導入し、2013年9月までに全店に設置する計画である。

 災害などで通帳やカードを紛失し、ATMを利用できなくなるケースを想定している。預金者は同行店舗で手のひら静脈のデータを事前登録する必要がある。利用時には手のひら静脈データと生年月日、キャッシュカードの暗証番号を組み合わせて認証する。システムは富士通の手のひら静脈認証技術や生体情報管理用のサーバーを利用して開発した。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る