• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

iOSとAndroidのネイティブアプリを同時に開発できる「Monaca」、アシアルがOSS化

高橋 信頼=ITpro 2012/09/06 ITpro
写真●MonacaのWeb IDE
写真●MonacaのWeb IDE
[画像のクリックで拡大表示]

 アシアルは2012年9月6日、モバイルアプリ開発フレームワーク「Monacaフレームワーク」をオープンソースソフトウエア(OSS)として公開した。iOSとAndroid向けのネイティブアプリケーションを同時に開発できる。従来クラウド型開発プラットフォームとして提供してきた(写真)が、OSS化することでXcodeやEclipseといったローカルの開発環境上でも開発可能になる。

 Monacaは、HTMLやJavaScriptでアプリケーションを開発できるフレームワーク。iOSとAndroid向けのアプリケーションを同時に開発できるフレームワークとしては米Adobe SystemsがOSSとして公開しているPhoneGapなどがあるが、「PhoneGapはiOSやAndroid向けのHTML5アプリを開発できるが、ユーザーインタフェースや動作速度の面において、ネイティブアプリケーションに見劣りする場合があった」(アシアル)。

 MonacaではUIやテンプレートなどiOSおよびAndroid向けのネイティブコンポーネントを用意することで、ユーザーインタフェースや動作速度を改善した。JavaScriptから、カメラやGPSなどスマートフォンの固有機能にアクセスするためには、PhoneGapを利用している。

 アシアルは、MonacaをWebブラウザ上でアプリケーションを作成し、ダウンロードできるクラウドサービスとして2011年7月から提供していた(関連記事)。「XcodeやEclipseといったローカルでのアプリ開発環境でMonacaフレームワークを利用したい」というニーズに応えるためOSS化した。

 MonacaフレームワークはApacheライセンスで配布する。ソースコードはGitHubを通じて公開する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「仕様漏れ」に陥らない三つのワザ

     要件定義はとにかく難しい。炎上するプロジェクトはだいたい要件定義が失敗している。「この仕様は間違っている」「この項目がないのはおかしい」などと、プロジェクトの終わりが見えたころに指摘される。仕様書や要件定義書まで戻って変更して、設計・実装のやり直しに追われることになる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る