• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

NTTデータが石巻BPOセンタでクラウド窓口業務、復興支援で雇用100人創出へ

高橋 信頼=ITpro 2012/09/03 ITpro
図●石巻BPOセンタでの業務の概要(NTTデータの発表資料より引用)
図●石巻BPOセンタでの業務の概要(NTTデータの発表資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータとNTTデータ3Cは2012年8月1日、石巻BPOセンタでクラウドサービス「BizXaaS Office」の申込受付処理業務および請求業務を開始した()。復興支援として、同センターで2~3年後に100人の雇用を創出することを目標としている。

 NTTデータ石巻BPOセンタは、NTTデータグループが、東日本大震災被災地域の復興支援策として、宮城県石巻市設立した拠点。事務業務やコールセンタ業務のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を実施してきた。要員数は25人。

 BizXaaS OfficeはNTTデータのSaaS型のオフィス向けクラウドサービス。今回、石巻BPOセンタで石巻市および周辺地域在住者を6人追加採用し、まず申込受付処理業務を開始した。請求処理業務についても段階的に実施する。

 NTTデータグループでは今後も引き続き被災地の雇用創出に取り組み、2012年度内に50~60人、2~3年後までに100人規模を目標に業務を拡大していく方針。そのためグループ内業務のBPOに留まらず、グループ外の顧客の業務にも被災地でのBPOを拡大したいとしている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    マイナンバーの行く手に見えてきた厄介な課題

     ついにマイナンバー制度の情報連携とマイナポータルの試行運用が7月18日に始まった。情報連携を担うのは、国の機関や自治体が個別に保有している住民個人情報を連携させる「情報提供ネットワークシステム」である。制度としては試行運用だが、マイナンバー制度の基盤を支えるシステムとしては本格稼働したことになる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る