• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

日本HP、メモリーを最大512G搭載可能なブレード型ワークステーション

浅川 直輝=日経コンピュータ 2012/08/31 日経コンピュータ

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は2012年8月31日、ブレード型ワークステーションの新製品「ProLiant WS460c Generation8」の販売を始めた。ワークステーションを社内のデータセンターに集約し、シンクライアントを通じて遠隔利用する用途を想定する。複数モニターを同時に使う金融業のディーリング業務や、製造業のCAD業務などに向くという。希望小売価格は51万2400円。

 米インテルのプロセッサ「Xeon E5-2600製品ファミリー」を搭載、メモリーの容量は最大512ギガバイト。CAD用途などでグラフィックス性能を高めるため、NVIDIA Quadro 500M/1000M/3000Mを載せた専用メザニンカードを搭載できる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    第二新卒のウソ、ホント

     人手不足が切迫感を増している。日本商工会議所の調査によると、中小の情報通信・情報サービス業では62.3%が人手不足と回答しており、全産業平均を上回る。こうした中で注目が高まっているのが、社会人経験3年未満で転職する「第二新卒」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る