情報システムのトピックス-PR-

米IBM、半導体ストレージベンダーの米テキサス・メモリー・システムズを買収

2012/08/17
中田 敦=日経コンピュータ (筆者執筆記事一覧

 米IBMは2012年8月16日(現地時間)、半導体ストレージベンダーの米テキサス・メモリー・システムズを買収することで合意したと発表した。買収額は公表していない。テキサス・メモリー・システムズは、ハードディスクの代わりにDRAMとフラッシュメモリーを搭載したSAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)接続ストレージ「RamSan」などを販売している。

 テキサス・メモリー・システムズは1978年の創業で、現在はラックマウント型やPCIeカード型の半導体ストレージを販売している。いずれもフラッシュメモリーをRAID構成にすることで、容量やI/O性能を確保している。最新の「RamSan-820」は、厚さ1Uの筐体に容量24Tバイトのフラッシュメモリーを搭載可能で、I/O性能は毎秒45万回(45万IOPS)としている。

 IBMはテキサス・メモリー・システムズの半導体ストレージ製品群を、IBMの「Smarter Storage」ブランドで販売するほか、垂直統合型ハードである「PureSystems」にも組み込む。テキサス・メモリー・システムズの買収は2012年内に完了する予定。

注目のIT企業が集結する一大イベント「ITpro EXPO 2015」は9/30~10/2に開催! 入場料3000円が無料になる事前登録を受付中! セミナー登録も開始しました。ぜひご来場ください。

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、ITproは一切の責任を負い ません(ITproからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

▲ ページトップ