• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Siriのような音声仮想アシスタント「Nina」、Nuanceがリリース

鈴木 英子=ニューズフロント 2012/08/07 ITpro

 音声認識技術の米Nuance Communicationsは現地時間2012年8月6日、モバイル向け音声バーチャルアシスタント機能「Nina」を発表した。

 企業は、既存のiOSあるいはAndroid用モバイルアプリケーションに、音声制御のバーチャルアシスタント機能を手軽に追加し、顧客向けセルフサービスなどを大幅に強化できる。

 Ninaは、Nuanceの音声認識技術とテキスト読み上げ(TTS)技術、音声ベースの生体認証、自然言語処理(NLU)技術を組み合わせ、クラウド上で動作する。何を話しているか理解するだけでなく、誰が話しているかも識別する。

 Ninaでは、既存モバイルアプリケーションと統合するためのオープンなソフトウエア開発キット(SDK)を提供する。音声入力中、処理中、回答などの表示やTTS音声をカスタマイズすることも可能。

 Nuanceによると、金融大手の米USAAが専用モバイルアプリケーションにNinaを採用することを決定した。8月にパイロットプログラムを実施し、2013年初期に全会員に向けて同機能を提供する。

 Ninaは米国、英国、オーストラリアですでに提供を開始している。当初は英語のみ対応し、年内に他の言語にもサポートを拡大する。

 音声バーチャルアシスタントでは米Appleの「Siri」が広く知られているが、NuanceはSiriにも音声認識技術を提供している(米TechCrunchの報道)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る