• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Red HatがOSSメッセージングソフトのFuseSourceを買収

高橋 信頼=ITpro 2012/06/29 ITpro
Red Hat CTO兼ワールドワイドエンジニアリング担当副社長のBrian Stevens氏
Red Hat CTO兼ワールドワイドエンジニアリング担当副社長のBrian Stevens氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米Red Hatは現地時間2012年6月27日、オープンソースのメッセージングソフトを手がける米FuseSourceを買収したと発表した。FuseSourceはApache ServiceMix、Apache ActiveMQ、Apache CFX、Apache Camelといったオープンソースソフトの主要な開発者が所属しており、これらをベースにしたメッセージングソフト「Fuse ESB Enterprise」および「Fuse MQ Enterprise」を企業向けに提供している。

 Red HatはFuseSource製品を自社のミドルウエア製品群であるJBossに統合する。Red Hat CTO(最高技術責任者)兼ワールドワイドエンジニアリング担当副社長のBrian Stevens氏は、「FuseSourceには広く普及しているオープンソースソフトの開発者が在籍している。また多くの顧客が同社の製品を利用している。JBossにもメッセージングミドルウエアがあり、FuseSource製品はJBossと互いに補完できる」と買収の狙いを語った。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FPGAって何?】

    FPGAはどうやって機能を組み替えるのか

     FPGAは、端的に言えばSRAMと配線の塊と言っても間違いではない。SRAMとはランダムアクセス可能なメモリーの一種で、記憶保持のための動作を必要としない点が特徴だ。なぜ、SRAMを使って回路が作れるのか、といったFPGAの本質的な話を今回は解説する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る