• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

オープンソースECMのアルフレスコが日本法人設立

浅川 直輝=日経コンピュータ 2012/05/18 日経コンピュータ

 文書、ウェブ、画像、映像などの社内コンテンツを管理するECM(エンタープライズコンテンツ管理)のオープンソースソフトを開発する英アルフレスコ ソフトウェアは2012年5月17日、日本法人を設立し、東京都内にオフィスを設けたと発表した。社長には元日本IBMの中嶋博氏が就く。国内でのパートナー企業を増やすなど販売チャネルの開拓するほか、国内でのコミュニティ活性化に努める。

 アルフレスコは、ECMソフトのDocumentumを開発したジョン・ニュートン氏らが2005年に設立した企業で、現在の契約件数は2500社以上。米レッドハットと同じく、オープンソースソフトの有料サポートサービスを提供するモデルで成長した。日本でも2006年からサービスを販売している。「日本でのユーザー数がクリティカルマスに達した」(ジョン・ニュートン会長兼CTO)のを機に、日本市場への長期的なコミットメントを示すため法人を設立したという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る