【ニュース】

Facebook、ソーシャルアプリストア「App Center」を発表

鈴木 英子=ニューズフロント 2012/05/10


 米Facebookは現地時間2012年5月9日、人々がソーシャルアプリケーションを見つけるための新たな場所とする「App Center」を発表した。数週間以内にWeb版を利用可能にするほか、iOSおよびAndroid対応のFacebookアプリケーションからもアクセスできるようにする。

 App Centerでは、Facebookのキャンバスページ内で動作するキャンバスアプリケーションや、Facebookと連携するWebアプリケーションおよびモバイルアプリケーションを紹介し、手軽に使用できるようにする。すべてのアプリケーションに説明ページが設けられているため、「ユーザーはそのアプリケーションの特徴や人気の理由を理解してから使用することができる」と同社は述べている。

 App Centerでのアプリケーション登録を望む開発者向けには、説明ページ作成や申請のためのチュートリアルを公開している。登録するアプリケーションはApp Centerのガイドラインに準じている必要がある。

 Facebookは、ユーザーによるアプリケーションの格付けや使用頻度などを測定する手段を用いて、アプリケーションの品質を監視する。評判の高いアプリケーションはApp Centerで目立つように表示し、評価が低いアプリケーションやガイドラインの品質基準を満たしていないアプリケーションはリストから除外する。

 また、有料アプリケーション向けにシンプルな決済機能を用意する予定。ユーザーは定額料金を支払ってFacebookサイト上でこれらアプリケーションを使用する。有料アプリケーションのベータプログラムへの参加を希望する開発者は専用ページから申し込む。

[発表資料へ]




あなたにお薦め

  • 

連載新着

連載目次を見る

  • 
    

現在のアクセスランキング

ランキング一覧を見る