情報システムのトピックス-PR-

Ubuntu 12.04 LTSの日本語版が公開

2012/05/04
麻生 二郎=日経Linux (筆者執筆記事一覧
写真1●Ubuntu 12.04 LTS Desktop 日本語 Remix CDのデスクトップ画面
写真1●Ubuntu 12.04 LTS Desktop 日本語 Remix CDのデスクトップ画面
[画像のクリックで拡大表示]

 Ubuntu Japanese Teamは2012年5月3日、人気Linuxディストリビューションの日本語ローカライズ版「Ubuntu 12.04 LTS Desktop 日本語 Remix CD」(以下、Ubuntu 12.04 日本語版)をリリースした(写真1)。同チームのWebサイトから無料でダウンロードできる。

 Ubuntu 12.04 日本語版は、2012年4月26日にリリースされたUbuntu 12.04 LTSに、日本語によるライブ起動(CDやDVDから直接Ubuntuを起動する仕組み)を付加したもの。Ubuntu 12.04 LTSでも日本語によるライブ起動はできるものの、メニューなどのすべての表示が日本語化されているわけではなかった。

 なお、Ubuntu 12.04 LTSには32ビット版、64ビット版、デスクトップ用、サーバー用、CD版、DVD版など、いくつかの種類があるものの、Ubuntu 12.04 日本語版は、32ビットのデスクトップ用のCD版のみとなっている。

 基になったUbuntu 12.04 LTSでは、デスクトップ画面のユーザーインタフェースとなるソフトウエア「Unity」が改良され、「HUD」(Heads Up Display)と呼ばれる、検索用テキストボックスからアプリケーションの操作メニューを選択できる機能などが追加されている。

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

>>もっと見る

▲ ページトップ

これからのIT投資術-PR-

ピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

最新号

注目のセミナー

申込受付中!

1日で学べる! Linuxサーバー管理者入門講座【6/10開催】

コマンドによるシステム運用の基本をマスター。オープンソース界の第一人者が丁寧に解説!