• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Mac風の新Linux OS「Comice OS」が公開

麻生 二郎=日経Linux 2012/02/10 日経Linux
画面●Mac OS風のLinux OS「Comice OS」(公式サイトより)
画面●Mac OS風のLinux OS「Comice OS」(公式サイトより)
[画像のクリックで拡大表示]

 Mac OS風の新Linuxディストリビューション「Comice OS」が2012年2月10日に公開された(画面)。バージョンは「4.0-b」。公式サイトリンク先から64ビット版を無料で入手できる。

 Comice OSは、人気のLinuxディストリビューション「Ubuntu」を基にして開発された「Pear OS」の後継に当たる。旧版のPear OSと同様、Mac OS風のデスクトップ画面や機能を有している。

 Comice OS 4.0-bではカーネル3.2.0やX Window System「X.org 1.10.4」など、最新のUbuntu 11.10が収録するソフトウエアよりも新しいものを採用。メーカー開発のビデオカードドライバが簡単に使えるなど、Ubuntuと同様にユーザーの使い勝手を重視した作りになっている。

 特徴的なソフトは、米Apple社のアプリケーションダウンロードサービス「Mac App Store」を模倣した「Pear Appstore」と、Linuxのデスクトップ環境「GNOME」のユーザーインタフェース「GNOME Shell」を修正した「Comice Shell」の2つ。Pear Appstoreは1クリックでソフトウエアの導入、削除、アップデートが可能だ。

 Comice OS 4.0-bが稼働するハードウエア環境は次の通り。CPUはインテルx86系およびその互換CPU。メインメモリーは1Gバイト(推奨2Gバイト)。ハードディスクは8Gバイト以上。Linux上で3Dハードウエアアクセラレーションが使えるビデオカードが必要。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る