• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「最新版のIEを自動的にインストール」、マイクロソフトが2012年に開始

まずはオーストラリアとブラジルが対象、無効にすることも可能

勝村 幸博=日経パソコン 2011/12/19 日経パソコン
米マイクロソフトの公式ブログ「Exploring IE」
米マイクロソフトの公式ブログ「Exploring IE」
[画像のクリックで拡大表示]

 米マイクロソフトは2011年12月15日、同社の公式ブログにおいて、Internet Explorer(IE)の自動アップグレードを予定していることを明らかにした。ユーザーが何もしなくても、最新版のIEがインストールされるようになるという。

 近年は、Webブラウザーの脆弱性を悪用する攻撃が増えている。このため、最新版のWebブラウザーを使うことが、有効なセキュリティ対策となる。そこで同社では、IEの自動アップグレードを2012年に開始することにしたという。

 自動アップグレードが開始されれば、その時点での最新版が自動的にインストールされるようになる。開始当初は、IE6やIE7を使っているWindows XPではIE8が、IE9よりも古いIEを使っているWindows Vista/7ではIE9がインストールされることになる。

 まずは、オーストラリアとブラジルのユーザーに、2012年1月から自動アップグレードを提供する。Windowsの自動更新機能を有効にしているパソコンのみが対象(初期設定は有効)。その後、状況を見ながら、これら以外の地域にも徐々に拡大する。時期については明らかにしていない。

 同社では、アップグレードしたくないユーザーのために、同機能を無効にするツールを用意する。また、意図せずアップグレードされた場合には、通常のプログラムと同様に、最新版をアンインストールすればよいとしている。アンインストールすれば、それまで使っていたバージョンに戻る。

 同社によれば、今後リリースするバージョンのIEでは、IEのメニューから自動アップグレードを無効にするオプションを提供するという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る