• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

FFFTPに意図しないファイルを読み込む脆弱性、IPAが公表

白井 良=日経コミュニケーション 2011/12/09 日経コミュニケーション

 情報処理推進機構(IPA)が2011年12月9日、FTPクライアントソフト「FFFTP」に脆弱性があると公表した。ユーザーが意図しないファイルを読み込んでしまう脆弱性が存在するという。この脆弱性を利用されると、悪意あるプログラムが実行されてしまう恐れがある。

 対策は最新版へのアップデート。FFFTPは作者の曽田純氏が8月31日に開発終了を発表したが、オープンソースソフトとして有志による開発は継続されている。12月9日時点の最新版は1.98dで、既知の脆弱性に対処している(SourceForge.JPのFFFTP Project)。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    無線LANの「ただ乗り」はやはり罪に問えない?有識者に聞く

     大手新聞社や通信社は2017年4月27日、無線LANの「ただ乗り」が無罪で電波法違反に当たらないとする判決が東京地裁で言い渡されたと一斉に報じた。報道によると、被告は身元を隠すため、他人の無線LANの暗号鍵を解読して利用。フィッシングの手口などでIDとパスワードを不正に入手し、金融機関サイトにアク…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る