• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

震災の風化防止Androidアプリをカヤックが公開、売上全額を寄付

高橋 信頼=ITpro 2011/11/14 ITpro
写真1●復興の窓の起動画面。被災地の方向に向けると、現地の写真が映し出される
写真1●復興の窓の起動画面。被災地の方向に向けると、現地の写真が映し出される
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●復興の窓。被災地である宮城県塩釜市の被災時(上)と、現在(下)の写真が閲覧できる
写真2●復興の窓。被災地である宮城県塩釜市の被災時(上)と、現在(下)の写真が閲覧できる
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●復興の窓のマップ画面
写真3●復興の窓のマップ画面
[画像のクリックで拡大表示]

 面白法人カヤックは2011年11月11日、チャリティーアプリ「復興の窓」(写真1)をAndriod Marketでリリースした。被災地が復興していく様子を写真で見ることができるアプリ。販売価格100円からAndroid Marketの手数料を除いた売上の全額を、日本赤十字に寄付する。

 「復興の窓」の目的は、震災への関心や記憶の風化を防止すること。インストールしたAndriodスマートフォンを被災地の方角に向けると、被災地である宮城県塩釜市各所の被災時と、現在までの写真が閲覧できる(写真2)。マップ画面では写真の撮影場所を確認可能(写真3)。現状の写真は現地のカメラマンである大江玲司氏が月1回撮影し、2012年の3月まで更新する予定。

 面白法人カヤックでは震災後に5月から8月まで「旅する仙台支社」(関連記事)を設置。東北のIT産業の活性化による雇用促進などを目的とした団体「Fandroid EAST JAPAN」の立ち上げに協力した。「復興の窓」は、これらの復興支援の一環として開発したという。

 「復興の窓」は、 復興IT開発支援コミュニティ「Hack for Japan」の仙台会場で提案されたアイデア「復興時計」をブラッシュアップして製品化した(関連記事)。「復興時計」はFandroid EAST JAPANのメンバーである仙台のWebコンテンツ制作会社ピンポンプロダクションズ代表の藤井靖史氏(関連記事)がHack for Japanで提案したアイデアで、写真を時系列で撮影し伝えていくという「復興の窓」のコンセプトの出発点になっている。

■変更履歴
第4段落を追記しました。 [2011/11/21 11:49]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【週末スペシャル】

    東京モーターショー“笑顔”特集 国内完成車メーカー編

     次世代自動車の祭典「第45回 東京モーターショー2017」)が10月28日~11月5日に開催された。東京モーターショーの見所は最新技術を詰め込んだ車両だけではない。コンパニオン達の輝く笑顔も来場者を惹きつける。記者が総力を挙げて取材したコンパニオン達を、3回に分けてお送りしたい。まずは国内完成車メ…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る