• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Google、「Google+」への注力を強化するため「Buzz」など終了へ

鈴木 英子=ニューズフロント 2011/10/17 ITpro

 米Googleは米国時間2011年10月14日、同社独自のSNS「Google+」などの主力製品にいっそう注力するためとして、「Buzz」を含む複数のサービス停止を発表した。

 Buzzは2010年2月よりWebメールサービス「Gmail」に追加された機能で、思いついたことや興味のあることなどを手軽にコメント投稿して他のユーザーと交流できる。しかし開始早々に、意図せず本名や居場所が公開されてしまう問題や、フォローする相手が自動で設定される機能などを巡ってプライバシー関連の批判を浴び、対策に追われた(関連記事:プライバシー団体が「Google Buzz」の調査をFTCに要請)。Googleは、数週間以内にBuzzとBuzz APIの提供を停止する予定で、停止した後、新規投稿はできなくなるが、過去のコメントを「Google Profile」で閲覧したり、「Google Takeout」を用いてダウンロードしたりすることは可能。

 そのほか、インターネットに公開されているソースコードを検索できる「Code Search」、モバイル向けミニブログサービス「Jaiku」、パーソナライズドホームページ「iGoogle」のソーシャル機能、一部の学術研究者向けにGoogle検索結果へのアクセスを提供する「University Research Program for Google Search」を2012年1月15日に終了する。Jaikuについてはユーザーがデータを書き出して保存するためのツールを提供する。またソーシャル機能を含まないiGoogleは今後も継続する。

 さらに同社は、開発中の技術を試験公開するサイト「Google Labs」を10月14日に閉鎖した。Google Labsの活動停止についてはすでに7月に予告していた(関連記事:Google、テストサイト「Google Labs」の活動を終了へ)。また、9月にはソーシャル検索「Aardvark」や新聞・雑誌記事の高速閲覧機能「Fast Flip」など10製品・サービスの打ち切りを発表している(関連記事:Google、ソーシャル検索Aardvarkなど10製品・サービスを打ち切りへ)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    アップル非公認でも信頼できる?安心を訴えるスマホ修理業者

     メーカー保証外でスマートフォンの第三者修理を手掛ける「街のスマホ修理店」の運営関係者の間で、米アップルの「方針転換」が話題になっている。保証規約に違反となる修理をしたiPhoneでも、場合によって保証サービスを適用したり有償の正規修理に応じたりするように、保証や修理の規定を変えたというのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る