• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

GoogleのAndroid特許攻撃批判にMicrosoft幹部が反論

鈴木 英子=ニューズフロント 2011/08/05 ITpro

 米Googleが米Microsoftや米Appleを名指しで批判する声明を米国時間2011年8月3日付けの公式ブログに載せたことを受け、Microsoft幹部2人がミニブログサービス「Twitter」に反論のコメントを投じた。米Novellの特許買収においては、MicrosoftはGoogleに合同入札への参加を持ちかけたが、Googleが断ったという。

 Google上級副社長兼最高法務責任者のDavid Drummond氏は、MicrosoftやApple、米OracleなどがモバイルOS「Android」の成功を阻止しようとしているとして、強く批判する声明を公式ブログで公開した。同氏は、これら企業がAndroidについて特許訴訟を起こしていることや、3社と米EMCが手を組んで米Novellの特許を買収したこと、AppleとMicrosoft、EMC、スウェーデンEricsson、カナダResearch In Motion(RIM)、ソニーの企業連合がカナダNortel Networksの特許オークションで落札したことなどを挙げ、「まやかしの特許をかざした敵意ある組織的な攻撃」「特許は革新を支援するものであったが、最近では革新を阻止するための武器に使われている」などと糾弾した(関連記事:Androidに対するMicrosoftやAppleの訴訟攻撃をGoogleが激しく批判)。

 これを受けMicrosoft法務顧問のBrad Smith氏は、「Googleは、われわれがGoogleの手から遠ざけるためにNovell特許を買収したと言っているが、本当だろうか? われわれはGoogleにも入札に参加するよう声をかけた。しかしGoogleはノーと言った」とTwitterにつぶやいた。続いてMicrosoft広報担当のFrank X. Shaw氏も、「Drummond氏へのアドバイス――次回ブログに投稿するときは、その前に(Google上級副社長兼法務顧問の)Kent Walker氏に確認するように」とツイートし、Walker氏からSmith氏にあてた電子メールの画像を添えている。電子メールには「さまざまな理由により、今回合同入札に参加するのは賢明ではないようだ」と、Microsoftの申し出を断る内容が書かれている。

 Drummond氏は8月4日にブログを更新し、「Microsoftがわれわれの提起した問題に応えず、注意をそらそうとするのは驚くことではない。われわれがMicrosoftの話を断った理由は明白だ。Novell特許の合同買収はMicrosoftなどの攻撃に対するAndroidの防衛を崩すためのものだったからだ」と追記している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【AIと倫理】

    脳から学べば汎用AIの実現は近い、開発を萎縮させない議論を

     ドワンゴ人工知能研究所の山川宏所長は、最新の脳神経科学の成果を取り込んだ、汎用AIの研究開発に取り組んでいる。実現する手法として提唱するのが、脳が持つ部位ごとの機能をコンピュータに模倣させ、各機能を連携させることで汎用性の高い知性を実現するという「全脳アーキテクチャ(WBA)」だ。

  • 【記者の眼】

    「無人」だから客が集まる、チャットボット接客が続々

     小売業界では、販売スタッフの立っている場所で客が立ち寄りやすい店になるか、入りにくい雰囲気の店になるかが分かれるという。立ち寄りやすい店は店員の存在感をあまり感じさせない。この知恵がネットビジネスの分野でも生きようとしている。人に代わって最初に“接客”するのはチャットボットだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る