• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

IBMが大規模データ分析アプライアンスを発表、Netezza技術を初めて製品化

鈴木 英子=ニューズフロント 2011/06/23 ITpro

 米IBMは現地時間2011年6月22日、大規模データ分析アプライアンス「IBM Netezza High Capacity Appliance」を発表した。同社が2010年11月に買収した米Netezza(関連記事:IBM、データウェアハウジングのNetezzaを17億ドルで買収)の技術をIBMブランドで投入する最初の製品で、「最大10ペタバイトのデータを数分で分析できる」(IBM)としている。

 IBM Netezza High Capacity Applianceは、銀行、保険会社、医療機関、通信サービスプロバイダーなど、大容量データの保持を義務づけられている業界のニーズに対応する。こうした業界では、日常業務には直接関係のない大容量データの保存および分析において特有の課題を抱えている。

 同アプライアンスにより、銀行手続き、携帯電話のトランザクション、保険申請、電子カルテ、販売情報などのペタバイト規模のデータを手軽に分類し、情報を分析して消費者センチメントや製品安全、マーケティング効果などの新たな傾向をつかむことができる。また、同アプライアンスは設定が容易であること、ペタバイト当たりのコストが安いことも特徴だとしている。

 自動車価格情報を扱う米Kelley Blue Bookが同アプライアンスを試験導入し、同社サイトを訪れるインターネットユーザーのクリック行動の分析に使用する。米メディアの報道(InfoWorld)によると、Kelley Blue Bookは以前、米Microsoftのビジネスインテリジェンス(BI)製品を使用していた。米Oracleのデータベース専用システム「Exadata」についても評価を行ったが、性能面ではNetezzaと同様だったものの、コストが低い点と設定や保守が簡単である点でNetezzaが勝っていると判断したという。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【検証 通信市場】

    光回線は安くならない?卸料金の適正性を検証へ

     総務省が公表した2016年度の通信市場の検証結果(案)では、光回線の料金の低廉化が進展していない点を問題提起した。中でもNTT東西が展開する「光コラボレーションモデル」は卸料金を値下げするインセンティブが働かず、低廉化を期待できない状況と結論付けた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る