• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

XML DBのサイバーテックとCMSのスカイアークが提携、両社製品を連携

高橋 信頼=ITpro 2011/06/16 ITpro
図●NeoCoreXMSとMTCMSの連携(サイバーテックとスカイアークシステムの資料より引用)
図●NeoCoreXMSとMTCMSの連携(サイバーテックとスカイアークシステムの資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 サイバーテックとスカイアークシステムは2011年6月16日、提携し両社の製品を相互に販売すると発表した。サイバーテックはXMLデータベース管理システム(XML DB)「NeoCoreXMS」を、スカイアークシステムはコンテンツ管理システム(CMS)の「MTCMS」を開発・販売している。両製品を連携させる「MTCMS for NeoCore」も両社で販売する。

 サイバーテックが販売するNeoCoreXMSは、電子書籍や電子カタログなどのコンテンツ管理に利用されている。一方、MTCMSはシックス・アパートのブログシステム「Movable Type」をベースにしたCMS。PC向けWebサイトを携帯電話向けに自動変換する機能や、スマートフォン向けに最適化する機能を備える。MTCMS for NeoCoreは、NeoCoreXMSのデータをMTCMSにロードする機能を持つ。

 両製品を組み合わせることで「NeoCoreXMSで管理するコンテンツを、Webやスマートフォン向けに容易に展開できるようになる」(サイバーテック代表取締役社長 橋元賢次氏)という。すでに地域情報紙「タウンニュース」を発行するタウンニュース社が両製品を組み合わせて利用し、情報紙のコンテンツをWebに展開している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    Rubyはデータサイエンスで生き残れるか

     世界で利用されている国産プログラム言語「Ruby」が、機械学習や人工知能(AI)開発の盛り上がりを前に正念場を迎えている。米Googleなどを後ろ盾に「Python」が同分野でソフトを充実させる一方で、Rubyの存在感は薄い。5月19日に開かれたワークショップでRuby開発者達は危機感をあらわにし…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る