• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

北陸銀、北海道銀、鹿児島銀が勘定系システムを刷新

大和田 尚孝=日経コンピュータ 2011/05/10 日経コンピュータ

 ゴールデンウイークを利用して、北陸銀行と北海道銀行、鹿児島銀行が勘定系システムを刷新した。3行はいずれも5月6日から新システムを使っている。

 ほくほくフィナンシャルグループ傘下の北陸銀と北海道銀は、横浜銀行と3行で共同開発したシステム「MEJAR」を利用する。第一号ユーザーの横浜銀に続き、2行が同時に旧システムから切り替えた。

 MEJARはNTTデータが同社製勘定系アプリケーション「BeSTA」を使って構築したシステムだ。動作プラットフォームは富士通製メインフレームなどである。

 鹿児島銀はWindowsで動作する日本ユニシス製勘定系パッケージ「BankVision」を導入し、新勘定系システムを稼働させた。BankVisionの利用行は、百五銀行、十八銀行、筑邦銀行、紀陽銀行、佐賀銀行、山梨中央銀行に続き7行目だ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    マイナンバー情報連携の本格運用はなぜ延期できたのか

     マイナンバー制度での情報連携とマイナポータルの本格運用が、計画の7月よりも3カ月程度遅れて10月ころの開始になることが決まった。総務省と内閣官房が連名で3月17日に発表した。両システムとも計画通り7月に稼働させるが、3カ月程度の「試行運用」期間を設け、その後に「本格運用」に移行する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る