• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

北陸銀、北海道銀、鹿児島銀が勘定系システムを刷新

大和田 尚孝=日経コンピュータ 2011/05/10 日経コンピュータ

 ゴールデンウイークを利用して、北陸銀行と北海道銀行、鹿児島銀行が勘定系システムを刷新した。3行はいずれも5月6日から新システムを使っている。

 ほくほくフィナンシャルグループ傘下の北陸銀と北海道銀は、横浜銀行と3行で共同開発したシステム「MEJAR」を利用する。第一号ユーザーの横浜銀に続き、2行が同時に旧システムから切り替えた。

 MEJARはNTTデータが同社製勘定系アプリケーション「BeSTA」を使って構築したシステムだ。動作プラットフォームは富士通製メインフレームなどである。

 鹿児島銀はWindowsで動作する日本ユニシス製勘定系パッケージ「BankVision」を導入し、新勘定系システムを稼働させた。BankVisionの利用行は、百五銀行、十八銀行、筑邦銀行、紀陽銀行、佐賀銀行、山梨中央銀行に続き7行目だ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る